週末将棋ブログアマ三段の40代が、上達をめざす日々をつづります。 

この記事に含まれるタグ :
矢倉  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

△3三角型からの矢倉

   ↑  2010/03/02 (火)  カテゴリー: 自戦記
後手番で、△3三角型から矢倉にした1局。
開始から▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角の出だしから、第1図のような矢倉模様となりました。

局面図4_1
前回の自戦記と似たような立ち上がりになりましたが、
前回苦戦した反省から、今回は5筋の位を簡単に取ら
せないように気を付けました。
▲5七銀と急戦をみせられたこの局面。どう指すのが
正解でしょうか?△4二角~△3三銀と矢倉の構築を
急ぐのはあったかもしれません。

本譜は△5三銀▲5五歩△同歩▲同角△4一玉
▲3七角△3一玉▲6六歩△6四歩▲5六銀と進んで
第2図。

局面図4_2
次に▲5五歩と位を取られるのを避けてここで△5四歩
としましたが、これでは後手良いところがありません。

前回の自戦記で5筋の位を取られて苦戦したのが微妙に
影響していたかも。

以下先手に着々と攻撃態勢を整えられて第3図。




局面図4_3
次に▲4五歩が見えていますが、受ける手も無さそう
なのでここで△7五歩▲同歩△同飛と飛車を使いました。
以下▲4五歩に△7三桂▲6七金右△8五桂。
いかにも軽い攻めだし、ただで取られてしまいそうな
桂馬ですが、何とか攻め合いになれば、という手です。

しかし、そこで▲7七歩。(第4図)




局面図4_4
この▲7七歩が手堅い手で、△8五の桂を先手の桂と
交換することもできなくなってしまいました。

▲8六歩を見せられているので、ここで△4五歩と
開き直りましたが、以下▲4五同桂△4四銀右
▲3三桂成△同角▲4五歩以下、押し切られて
負けてしまいました。




敗因は中盤であまりにも十分な形をつくられてしまったことでしょうか。
▲4五歩と仕掛けられた局面などは、先手理想的な攻撃陣です。
反省材料の多い1局でした。

スポンサード リンク

この記事に含まれるタグ : 矢倉 

FC2スレッドテーマ : 将棋 (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/blog-entry-7.html

2010/03/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 桂馬をかわされていたら
この前の記事 : 力戦矢倉に苦戦

Comment

コメントを投稿する 記事: △3三角型からの矢倉

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 桂馬をかわされていたら
この前の記事 : 力戦矢倉に苦戦
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。