週末将棋ブログアマ三段の40代が、上達をめざす日々をつづります。 

この記事に含まれるタグ :
矢倉  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

矢倉の端攻め

   ↑  2010/02/25 (木)  カテゴリー: 自戦記
矢倉先手番での1局。
▲4六銀-▲3七桂型から、▲1七香と上がる形を選択。ここ▲1八香型が定跡書などでも
詳しく解説されている形ですが、▲1八飛の余地があるこの形にしてみました。

局面図2_1

第1図は▲2五歩と突いたところ。ここも▲2五桂が
主流と思いますが、△3三銀なら▲1八飛、△1三銀
なら▲5五歩くらいの予定で銀をどちらに引くか打診
してみました。
本譜は△1三銀だったので▲1八飛以下端を狙い
香車の交換に成功、少し指しやすくなったと感じました。





局面図2_2

十数手ほど進んだ第2図は、後手が△8四角と出たところ。
次に△6五歩が見え、受ける手も考えましたが、ここは
攻め合わなければしょうがないと▲3五歩、以下△6五歩
▲3四歩△同銀▲3五歩△6六歩▲同金△4五銀▲同桂
△同歩▲同銀と攻め合いになりました。(第3図)






局面図2_3

ここで後手△4四歩でしたが、そのままでも▲3四銀と
すべり込む手を考えていたので、少し有難かったか。
一手早く攻め合いの△6一香なら、難しかったかも
しれません。
本譜△4四歩以下は▲3四銀△6一香▲6五歩△7三桂
▲2四歩△同歩▲2三歩で第4図。





局面図2_4

▲2三歩では▲2三香も考えましたが、△同金▲4三銀成で
こちらの飛車が成るのが遠くなるので、見送りました。
▲2三歩ならさすがに△同金とはとりづらいはず。
▲2三歩以下本譜は△3一玉▲2二香△6五香
▲2一香成△4二玉▲2二歩成以下、寄せきることが出来ました。





やっぱり将棋は勝つとうれしいです。
スポンサード リンク

この記事に含まれるタグ : 矢倉 

FC2スレッドテーマ : 将棋 (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/blog-entry-5.html

2010/02/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 力戦矢倉に苦戦
この前の記事 : 初めての自戦記

Comment

コメントを投稿する 記事: 矢倉の端攻め

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 力戦矢倉に苦戦
この前の記事 : 初めての自戦記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。