週末将棋ブログアマ三段の40代が、上達をめざす日々をつづります。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

対右四間飛車に腰掛け銀で対抗

   ↑  2013/02/16 (土)  カテゴリー: 自戦記
王将戦第3局は、佐藤王将が力強い玉さばきで1勝を返し、
面白くなってきました。

しかし渡辺さんが2手目△8四歩と指してくれなくなって
きましたね。
矢倉の将棋をみられることが減りそうで、さびしいです。



最近24で指した将棋です。

対右四間飛車で、こちらも腰掛け銀にして対抗してみました。
▲3七桂のかたちに△6五歩~△3五歩と桂頭を狙われたの
が厳しく、と金を作られて劣勢かなという局面になりました
が、こちらも相手の守りの金をはがして勝負形に。

局面図186_1第1図は▲2二銀△同金▲同歩成△同玉とした局面。ここで金を1枚はがして満足してしまい、▲4四歩と半端な手を指してしまったのが多分良くなかったです。ここは▲2三歩と追撃して(△同玉は▲3四角~▲2三金)△3二玉▲2二角と攻めながら△5五の銀取りを受ければ相当だった気がします。以下△3五となら▲3三角成△同銀▲2二角△同銀▲同歩成△同玉▲2四飛~▲7四歩と強引にさばいてどうか。
本譜の▲4四歩以下は△3五と▲5六歩△3四と、と味良くと金を引きつけられて悪くなってしまいました。
ポイントをあげただけで満足してはいけないこともあるという、教訓でした。

棋譜はこちらです。

Flash Player 9が必要です


スポンサード リンク

FC2スレッドテーマ : 将棋 (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/blog-entry-375.html

2013/02/16 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 辛抱が実る
この前の記事 : 対先手中飛車で△7四銀と出る形

Comment


3七歩成

相居飛車戦で3七(7三)にと金ができると、精神的に勝てる気がしません^_^;。
と金ができることが判っている手順で指し進める将たろうさんは強いですね。

イズラー |  2013/02/17 (日) 18:43 [ 編集 ] No.660


Re: 3七歩成

イズラーさん、こんにちは。

本譜はちょっと、と金を軽視していましたね。
あっさりと金を作られすぎだったかもしれません。
イズラーさんの感覚が正しいと思います。

と金を引いて使われたあたりも落ち着いた手だな・・
と思いました。

将たろう |  2013/02/17 (日) 22:15 No.661


こんにちは、千です。
ぼくも、2手目△8四歩が好きなので、さびしいというのに同感です。
渡辺竜王は、△8四歩を一時的に、二軍に下げているだけだと思いたいです。


将たろうさんの棋譜の方は、第1図より少し前になりますが、▲2三歩と垂らした局面が気になりました。
▲5五角と先着した流れで、▲3三同角成~▲5五角ともう一度、打つ手もやってみたい感じです。

損得というよりも、実践的なもので、後手が角を使いづらいだろう、という程度のものですが・・・

千 |  2013/02/18 (月) 00:03 No.662


Re: 千 さんへ

千 さん、こんにちは。

そうですねーやはり矢倉の将棋が見たいですよね。
2手目△8四歩の復権を待ちましょう(^^

53手めで▲3三同角成~▲5五角と再度打つのは自然な手で
そちらが正解だったかもしれないですね。▲3四歩の突き出しも
ありますし。
このあたりの局面では先手やれそうな気もしてきました。

それでは。

将たろう |  2013/02/18 (月) 23:38 No.663

コメントを投稿する 記事: 対右四間飛車に腰掛け銀で対抗

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 辛抱が実る
この前の記事 : 対先手中飛車で△7四銀と出る形
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。