週末将棋ブログアマ三段の40代が、上達をめざす日々をつづります。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

角換わり後手棒銀の端攻めをしない型

   ↑  2012/08/18 (土)  カテゴリー: 自戦記
伊豆での骨休め旅行では、眼鏡を無くすというアクシデントがあって、
どうなることかと思いましたが、家族に代わりに車を運転してもらって
無事に帰ってきました。



最近24で指した将棋です。

また角換わりの将棋になり、棒銀を採用しましたが、
今回は端攻めをせずに△7五歩から銀をさばきにいく
形にしました。

しかし簡単に銀交換はさせてくれず、△7五歩と押さえて
から△7三銀~△7四銀と銀を立て直しました。
対振り飛車でよくこういう指し方をしていますが、
角換わりの将棋でも有効なものかどうか、よく分かっていません。

局面図159_1第1図は▲2五歩△同歩▲同桂と継ぎ歩で桂をさばかれた局面。▲5五角の筋があるので△2二銀か△4四銀ですが、△4四銀としました。

以下▲4五歩△6四角▲3七角△同角成▲同金△6四角▲2七飛△2六歩▲同金△4五銀で第2図。

局面図159_2第2図は△6四角を打てたので、先手も攻めを急がされている感じがして、何とかなるかもと思いました。冷静にみると後手陣も薄いので怖いですが。

以下は▲3五歩△8六歩▲同銀△1九角成▲3四歩△2四歩▲3三桂成△同桂▲同歩成△同金▲3五金△6六歩と攻め合いになりましたが、最後は先手の端玉への端歩が速くなり、何とか1手勝ちできました。

棋譜はこちらです。

Flash Player 9が必要です


スポンサード リンク

FC2スレッドテーマ : 将棋 (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/blog-entry-349.html

2012/08/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 終盤で間違える
この前の記事 : 角換わり棒銀で辛勝

Comment

コメントを投稿する 記事: 角換わり後手棒銀の端攻めをしない型

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 終盤で間違える
この前の記事 : 角換わり棒銀で辛勝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。