週末将棋ブログアマ三段の40代が、上達をめざす日々をつづります。 

この記事に含まれるタグ :
矢倉  早囲い  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

矢倉の早囲いと戦う

   ↑  2010/03/28 (日)  カテゴリー: 自戦記
後手番で、相矢倉となった一局。
▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀とごく普通の矢倉の出だしに
なりましたが、先手が早囲いを目指してきました。

局面図15_1
第1図がその局面で、▲6八玉と上がったところ。
後手としては、簡単に一手得されるのは阻止したい
ところです。

具体的にどう咎めるのが正解かはわかりませんが、
とりあえず△7三銀▲7八玉△8五歩と先手玉に
プレッシャーをかけました。
以下、▲8八玉△3一角▲7八金△5二金▲5七銀
で第2図。

局面図15_2
先手に構わず矢倉を完成されて困りました。
△8四銀や△7五歩▲同歩△同角は、▲6五歩~
▲6六銀右から▲4六角と飛車を狙われると、
うまく行きそうにありません。また△9四歩は
▲9六歩と受けてくれれば△8四銀で端攻めが速く
なりますが、恐らく受けてはくれないでしょう。
苦心の末△4四銀としました。以下▲6五歩
△6四歩▲同歩△同銀▲6六銀右△6五歩▲同銀
△同銀▲6六歩△5六銀で第3図。

局面図15_3
第3図以下▲5六同金に△7三桂と桂馬を活用して、
ようやく攻めの調子が出てきました。

以下は▲4六角△5五銀打▲同金△同銀▲6八角
△6五歩で第4図。





局面図15_4
後手玉も薄いのでまだ大変ですが、攻めは続き
そうな形になりました。

第4図以下は▲6七銀に△8六歩▲同歩△6六歩と
攻めを続け、勝ちきることが出来ました。





本局は珍しく一直線に攻めきることが出来ましたが、原因としては右の桂馬が捌けたことが
大きそうです。
これから矢倉を指すときは右桂のさばきを心がけようと思います。

スポンサード リンク

この記事に含まれるタグ : 矢倉 早囲い 

FC2スレッドテーマ : 将棋 (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/blog-entry-25.html

2010/03/28 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 実戦の詰み 2
この前の記事 : 矢倉の攻め駒を責める

Comment


お見事な攻め !!!

今日も、更新、御苦労さまでした。

第4図では、先手はもう駄目でしょうね。

今日は、敬意を表する気持ちで、押しておきますね。


真吾オジサンより

真吾オジサン |  2010/04/10 (土) 00:26 No.13


Re: お見事な攻め !!!

ありがとうございます!

この局は苦心の末の一手が珍しくうまくいって、
快勝できた一局なので、

コメントいただけて嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。

将たろう |  2010/04/10 (土) 02:33 No.15

コメントを投稿する 記事: 矢倉の早囲いと戦う

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 実戦の詰み 2
この前の記事 : 矢倉の攻め駒を責める
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。