週末将棋ブログアマ三段の40代が、上達をめざす日々をつづります。 

この記事に含まれるタグ :
矢倉  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

矢倉の攻め駒を責める

   ↑  2010/03/27 (土)  カテゴリー: 自戦記
先手番で、相矢倉となった一局。
序盤で▲3五歩△同歩▲同角と一歩交換に成功し、第1図となりました。

局面図14_1
このように3筋で一歩もつことができれば先手作戦
勝ちと、定跡書で解説されていることが多いと思い
ます。
しかし実感として、これだけで良くなったとは、なか
なか思えないものがあります。

第1図以下は△9五歩▲3六銀△9二飛▲7九玉
△3三銀▲2六歩△3一角▲6八角△7五歩▲同歩
△同角と進んで第2図。

局面図14_2
今思うと第2図までの手順で▲2六歩を突かず、
▲2六角~▲4六歩~▲4八飛~▲3七桂の形で
4筋を狙うのも考えられたか?と思います。
後手にも7筋の歩交換を許しましたが、銀の進出は
先手が早いはず。
第2図以下は▲6七金右△7三銀▲2五歩△3一玉
▲3五銀△6四角▲4六歩△7四銀▲2四歩△同歩
▲同銀△同銀▲同飛△2三歩▲2七飛△7三桂
▲7五歩で第3図。

局面図14_3
2筋で銀交換出来たので不満は無いはずですが、
▲2七飛では▲2六飛として▲3七桂を狙うべき
だったかもしれません。
本譜は△7三桂に対し良い手が見つからず、
▲7五歩と攻め駒を責めに行きましたが、経験上
こういったボクシングのクリンチのような手は、
かえって危険を招くこともあります。
▲7五歩以下は△同角▲7六銀△4二角▲7五歩
△8五銀▲8三銀△5二飛▲7四歩で第4図。

局面図14_4
第4図以下は△7六銀▲同金△7七歩▲同金引
△8五桂▲7三歩成△7七桂成と、と金はできま
したが桂馬を矢倉の金と交換されてしまいました。
△7七歩が好手でした。

以下は後手も先手の飛車を責めにきたため混戦と
なり、最後は運よく相手玉の詰み筋を発見して、
勝利することができました。


矢倉は難しいです。もっと腰の入った攻めを心がけたほうが良いのかもしれません。

スポンサード リンク

この記事に含まれるタグ : 矢倉 

FC2スレッドテーマ : 将棋 (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/blog-entry-23.html

2010/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 矢倉の早囲いと戦う
この前の記事 : 石田流と戦う

Comment

コメントを投稿する 記事: 矢倉の攻め駒を責める

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 矢倉の早囲いと戦う
この前の記事 : 石田流と戦う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。