週末将棋ブログアマ三段の40代が、上達をめざす日々をつづります。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

自戦記 対立石流

   ↑  2010/09/14 (火)  カテゴリー: 自戦記
24で、数局指しましたが、結果はだいぶ負け越し。
ちょっと、将棋が雑になっているようです。

この将棋は、意地になって勝つまで指し、なんとか勝った一局で、雑さが垣間見えます。^^;

局面図62_1第1図のように立石流になっています。この戦法への対策が未だよくわからないのですが、とにかく普通に指していると居飛車じり貧になることは知っているので、▲5七金左△3四飛▲4六歩とむりやり押さえこむ感じで指しました。

最後も相手の応手次第ではどう寄せたらよいかわからない局面でしたが、どうにか勝てました。^^


いまは調子を落としていますが、こういったことは今までにも何度となくありました。
ちょっと将棋と距離を置いたりすると、また新鮮な気持ちで向き合えて、調子が戻ってきたりするものです。

棋譜はこちらです。

Flash Player 9が必要です

スポンサード リンク

FC2スレッドテーマ : 将棋 (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/blog-entry-189.html

2010/09/14 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


将たろうさんへ!!

立石流は素人の棋士の戦法としては怖い戦術です。私もよく指す事がありますが。相手がその手を指させない様に警戒します。☆☆!!

荒野鷹虎 |  2010/09/14 (火) 18:42 No.354


更新、御苦労さまでした。

この棋譜を拝見しました。  ^^

棋風が、多少変わられたのではないかな?と思いました。

以前は、鋭く切り込んでいくような印象でしたが、この将棋を拝見すると、大人の将棋のような気がしました。

木村名人が、このような押さえ込みの将棋が上手かったように思います。

たしか、「棋譜のでーたべーす」で見た記憶があるのですが、この対局のように金銀を使って相手の攻撃を押さえ込んでいた、木村名人の棋譜があったように思います。

木村名人や大山名人のような腰の重い将棋が、最近の棋士ではいないのではないか?と思っております。

真吾オジサンとしては、これを残念に思っております。


今日も、押しておきましたね。


真吾オジサンより

真吾オジサン |  2010/09/14 (火) 20:59 No.355


荒野鷹虎 さんへ

こんにちは、コメント、ありがとうございます。

そうですね、立石流は攻撃力があるかたちだと思います。。対立石流は私は大の苦手としております。^^

本家の立石さんに何局かこっぴどく負かされたことがありまして、そのせいの苦手意識もあるかもしれません。^^

やっと涼しくなってきましたね。
ではまた。

将たろうより。

将たろう |  2010/09/15 (水) 00:34 No.356


真吾オジサン さんへ

今日も、コメント、ありがとうございます。

棋風は、少しいつもと違う指し方だな、と自分でも思いました。^^

攻める展開にならなかったせいもありますが、対bonanza を結構指したので、飛車を押さえこみにいくクセがついたのかもしれません。^^

そうですね、最近はどっしりした棋風の棋士が少ないかもしれませんね。
少し前の南九段や、森下九段などは重厚な気風だと思いますが、木村・大山・升田といった巨匠は、すごくスケールの大きい将棋だったのではと思います。

多分、いまは定跡も整備され、研究会全盛の時代なので、金銀をどんどん前線にあげるような力戦になりにくいのかなー、という気がしました。

もっと独創的な力強い将棋で勝ちまくる棋士が出てくると、面白いのですけれどね。^^

いつも応援、ありがとうございます。

将たろうより。

将たろう |  2010/09/15 (水) 00:43 No.357

コメントを投稿する 記事: 自戦記 対立石流

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。