週末将棋ブログアマ三段の40代が、上達をめざす日々をつづります。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

実戦の詰み 47(アレンジ有り)

   ↑  2010/07/07 (水)  カテゴリー: 実戦詰将棋
私の実戦から、詰将棋を紹介させていただきます。

問題図は、居飛車対四間飛車の終盤戦です。
問題として面白くするために、局面に一部アレンジを加えています。

後手が入玉を確定させようとしていますが、ここから後手玉を即詰みにする手順を考えてください。

5分で解けて、2級くらいでしょうか。

実戦詰47_1

正解は、続きをどうぞ。


▲4八飛△同玉▲6六馬△4七玉▲5七馬△3八玉▲3九金△2七玉▲1七金(解答図)まで、9手詰めです。

入玉形なので、少し考えにくいかもしれません。

初手▲2八飛とするのは、△4九玉に▲4八飛とすれば2手延びますが、これでも詰みます。

▲4八飛と捨てて▲6六馬と金を補充する手に気付けば、あとは並べ詰みです。

実戦では、△3六歩は後手の駒台に乗っていました。
それだと、初手▲3七馬で簡単なので、今回はアレンジを加えてみました。

実戦詰47_2

スポンサード リンク

FC2スレッドテーマ : 将棋 (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/blog-entry-140.html

2010/07/07 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 相掛り模様の戦い
この前の記事 : 角換わりからの筋違い角と戦う

Comment


更新、御苦労さまでした。

結構難しかったです。  ^^

真吾オジサンは、初手▲3九歩で読んでいたのですが、△2九玉で詰まないことに気づきました。  ^^;

また、楽しい問題を期待しております。  ^^


今日も、押しておきますね。


真吾オジサンより

真吾オジサン |  2010/07/07 (水) 10:07 No.236


真吾オジサン さんへ

いつも、コメントありがとうございます。

入玉形なので、やはり結構考えにくいですね。^^

駒の使い方が、入玉特有な感じで限定されますからね。

このあたりも、コンピュータ将棋が入玉戦が苦手な原因かもしれないですね。

いつも応援、ありがとうございます。

将たろうより。

将たろう |  2010/07/08 (木) 00:07 No.237

コメントを投稿する 記事: 実戦の詰み 47(アレンジ有り)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 相掛り模様の戦い
この前の記事 : 角換わりからの筋違い角と戦う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。