週末将棋ブログアマ三段の40代が、上達をめざす日々をつづります。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

角換わりからの筋違い角と戦う

   ↑  2010/07/06 (火)  カテゴリー: 自戦記
今回の自戦記は、後手番で、角換わりの出だしとなりました。
先手が▲4五角の筋違い角を採用してきて、第1図となりました。△3三銀に対して▲5六角と角を引いた局面です。

ここから後手はどういった構想で進めるのが良いのか、手探りの序盤となりました。

局面図46_1第1図から、△5二金▲6六歩△6四歩▲3八銀△6三銀▲2七銀△5四銀▲3六銀△4四角▲4五銀△同銀▲同角△5四銀▲1八角で第2図。

▲3八銀~▲2七銀から棒銀で2筋を狙われて困りました。後手は右玉にしたり、△5四銀を△4四歩~△4三銀として受けるのも考えましたが、よくわかりませんでした。結局、△4四角としましたが、銀交換されて△5四銀と手放すようでは、うまくいっていないようです。


局面図46_2第2図以下、△6五歩▲同歩△8六歩▲同歩△7七角成▲同桂△8六飛▲8八歩△8七歩▲7八金△8八歩成▲同金△6七歩▲8七銀で第3図。

ここではかなり形勢を悲観していました。△5四銀を攻めに使いたいのですが、▲1八角のにらみで反撃を食いそうなので、本譜のように角を切って攻めましたが、恐らく無理攻めでしょう。第2図では△7四歩~△7三桂くらいだったのかな、という気がします。

局面図46_3第3図は後手が悪い局面だと思います。ここから、△8二飛▲8三歩△同飛▲8六歩△4四歩▲5八金△4五歩と進みました。

▲8三歩は、後手歩切れだけに、少しだけ有難い意味があったかもしれません。この後、先手が大事に指しすぎたようで、後手から1筋を攻めて桂馬を入手し、先手陣に食いついて逆転。後手が勝ち筋になったと思ったのですが・・・。


局面図46_4第4図は終盤戦で、ここでは後手が勝てそうな局面だと思います。ここから△8五飛!が大悪手。取るのは詰みだと思ったのですが、▲8五同桂と取られて、△8八金▲8六玉△8七金打▲9五玉△9四銀▲8四玉の局面は、△8三歩が打ち歩詰めで詰みません。逆転負けを喫してしまいました。

第4図では、△8八金▲同玉△7六馬くらいで一手一手だったのでは、と思います。

本局は第1図からの指し方が、よくわかりませんでした。筋違い角への対策は、結構難しいですね。
それに第4図から△8五飛は、やってしまいました、という手です。
でも、逆の立場での逆転勝ちもあるので、仕方がないですね。(^^;

スポンサード リンク

FC2スレッドテーマ : 将棋 (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/blog-entry-136.html

2010/07/06 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


更新、御苦労さまでした。

これは、残念でした。  ^^;

確かに、第4図では、将たろうさんの勝ちのように思いました。

筋違い角は、指す気にはなれないのですが、指されてみると、結構、面倒なものだと思います。

左側に玉を移動させるのも、3四の歩がいないと、思いの他、囲いが弱いとしたものですし、右玉にしても、角の睨みが厳しかったりするので・・・

今日も、押しておきましたね。

真吾オジサンより

真吾オジサン |  2010/07/06 (火) 13:53 No.234


真吾オジサン さんへ

いつも、コメントありがとうございます。

そうなんですよね。筋違い角は、指されると、結構厄介です。
定跡書が少ないのもありますね。
少し調べてみたのですが、数少ない筋違い角の本でも、▲7六歩△3四歩▲2二角成
といきなり交換して▲4五角と打つ形の解説がおおく、本局のように角換わりの出だし
からの筋違い角の解説は、少ないように思いました。

力戦形なので、本にしにくいというのもあるのかもしれません。
なかなか、厄介です。 (^^;

案外、知識がないなら居玉でたたき合うのが良かったりするのかもしれません。(^^;

いつも応援、ありがとうございます。

将たろうより。

将たろう |  2010/07/06 (火) 23:32 No.235

コメントを投稿する 記事: 角換わりからの筋違い角と戦う

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。