週末将棋ブログアマ三段の40代が、上達をめざす日々をつづります。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

凌ぎの手筋186

   ↑  2010/06/26 (土)  カテゴリー: 本の紹介
金子タカシ アマ竜王著、塚田泰明八段監修による、終盤のしのぎの手筋の問題集です。
(段位、肩書きは、本に記載のまま)

自玉の即詰み、詰めろを逃れる手順を考える問題集なのですが、こういった本は今でもあまり無いと思います。

プロローグで、「終盤の速度計算」について書かれています。
自玉と相手玉が、「ゼロ手スキ」「一手スキ」「二手スキ」のどの状態で、さらに受けが利く状態なのかどうかを見極めたうえでの、終盤の読みの組み立てについて、理論的な解説がなされています。
今読みなおしてみても、このあたり、貴重で高度な内容だと思います。

目次は以下のようになっています。

  • 第1章 詰みを逃れる合い駒テクニック
  • 第2章 攻撃を考えた合い駒テクニック
  • 第3章 必死を逃れるしのぎテクニック
  • 第4章 攻撃を考えたしのぎテクニック

第1章は、自玉に飛車、角、香車による王手がかかっている状態で、自玉が詰まない合い駒を考える問題です。

第2章は、第1章と同じく、飛車、角、香車による王手がかかっている状態なのですが、相手玉も含めた問題となっています。
自玉が詰まない合い駒の中でも、相手玉への攻めを考えて最適な合い駒を選ぶという、高度な問題となっています。

第3章は、自玉に詰めろ(一手スキ)がかかっている状態で、正しく受けて、自玉に一手スキが続かない状態になる手順を考える問題です。

第4章は、自玉が部分的には受けの利かない一手スキになっていて、相手玉も含めた問題となっています。
この状態から、王手をかけつつ受けにも利かせる手や、詰めろ逃れの詰めろになる手を探して、ピンチをしのぐ手順を考える問題です。
非常に実戦的な問題が含まれています。


率直なところ、問題を考えるのに若干の労力を要します。これは思うに、詰将棋のように、相手玉を詰ますという結果に爽快感が伴うのに対して、「正確に受ける」という手順が地味であるためだと思います。
そういう意味で、本当に上達を求める人向けだと思います。

私もネット将棋を指していて思い知らされますが、すごく強い人は本当に受けも強いです。

時間の短いアマチュアの将棋だと、受けまくって勝つというのは難しいとは思いますが、それでも、正確な凌ぎが勝ちにつながることは多々あるでしょう。

著者の金子タカシ氏も最初に書いておられるように、有段者が対象ですが、級位者でも、読むのに苦労はあると思いますが、得るものは大きいと思います。



スポンサード リンク

FC2スレッドテーマ : 将棋 (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://shogi76.blog82.fc2.com/blog-entry-128.html

2010/06/26 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 第81期棋聖戦第3局
この前の記事 : 実戦の詰み 44

Comment


今日も、更新、御苦労さまでした。

これは、面白そうな本ですね。

人間同士の戦いでは、終盤力の差が、勝敗を左右するものですので。

今日も、押しておきますね。


真吾オジサンより

真吾オジサン |  2010/06/26 (土) 18:00 No.211


真吾オジサン さんへ

いつも、コメントありがとうございます。

この本は、ちょっと難しいところもありますが、
ためになる本ですね。 ^^

結構、いまでは新品が手にはいりにくく 、貴重な本でもあるようです。

いつも応援、ありがとうございます。

将たろうより。

将たろう |  2010/06/26 (土) 18:56 No.212


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2010/06/26 (土) 22:30 No.213

コメントを投稿する 記事: 凌ぎの手筋186

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 第81期棋聖戦第3局
この前の記事 : 実戦の詰み 44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。